美容師・メイクアップアーティストを目指す人のための美容専門学校

美容科・カリキュラム

TBCK美容科・カリキュラム

国家試験突破 就職率100%まだ誰もみていない明日へ

本校のカリキュラムは、美容師国家試験の全員突破を前提に、よりハイレベルで学生の個性にフィットした職場への100%就職、さらには、ナチュラル~ブライダルメイクの実習をベースに特殊メイクなどのクリエイティブな発展講座も開設を検討しています。
日々の精進を大切に、世界というステージをともにめざしませんか。

日課表

08:30~ 登校
09:00~ HR
09:10~10:00 1校時
10:10~11:00 2校時
11:10~12:00 3校時
12:00~12:45 昼休み
12:45~13:35 4校時
13:45~14:35 5校時
14:45~15:35 6校時
15:35~15:55 清掃・HR
16:00~ 下校

23年度 時間割(1年次)
 
1 色彩学 外国語 実習 物理 衛生管理
2 関係法規 HD 実習 化学 保健
3 総合 文化論 実習 運営管理 保健
4 技術理論 技術理論 マナー講座/総合 実習 実習
5 ネイル メイク マナー講座/総合 実習 実習
6 ネイル メイク 毛髪 実習 実習

※水曜マナー講座は隔週です。

23年度 時間割(2年次)
 
1 化学 総合 文化論 運営管理 総合
2 色彩学 総合 文化論 保健 総合
3 社会福祉 総合 HD 衛生管理 総合
4 実習 実習 保健 実習 技術理論
5 実習 実習 毛髪 実習 技術理論
6 実習 実習 衛生管理 実習 日本文化

※日本文化は隔週です。

教育課程

必修科目

関係法規・制度
国家資格取得に向け、美容関連の法律や制度について学びます。
衛生管理
他人の髪やからだを扱う仕事として一番の基本となる衛生管理を学びます。
美容保健
髪やからだを扱うには、人間のからだや生理的仕組みを熟知する必要があります。
美容の物理化学
さまざまな薬液や技術を使う仕事です。専門的な物理・化学の知識は不可欠です。
美容文化論
美容やへアスタイリングにまつわる美容文化全般について基礎的な素養を深めます。
美容技術理論
ヘア力ットやパーマなどの技術を裏付ける基礎理論について座学で学びます。
美容運営管理
将来自分のスタジオを運営するときのため、施設や器具類の管理を学習します。
美容実習
シャンプーからへアカット、パーマ、ネイル、工ステ、メイクまでの実習です。

選択必修科目(一般教養)

色彩学
ヘアスタイルやメイクアップの形や色が服飾などとの関係で調和や不調和を生みます。造形と色彩の美容学的効果について学びます。
マナー講座
挨拶の仕方、歩き方をはじめ顧客を満足させる基礎となる接遇マナーを学びます。
社会福祉
高齢者やハンディキャップのあるお客様を念頭に福祉の視点から美容を考え、実践的な活動をします。
日本文化
日本髪や和装をはじめ生け花など、我が国が誇る文化全般について学びます。
外国語
接客で想定される英会話を実戦的に学びます。

選択必修科目(専門教養)

ネイル
ネイルケアからネイルアート、人口爪まで必要な理論や技術を習得する。INAなどネイリスト協会の資格取得にもチャレンジします。
メイクアップ
(エステティック)
洗顔から下地づくりまで骨格や顔立ちに応じたテクニックを学びます。また、エステをフェイシャル中心に学びます。
ヘアデッサン
お客様に合ったヘアスタイルを提案するための基礎技術を習得します。
総合技術
へア力ット、パーマからエステ、ネイル、メイク、コーディネートまで総合的に学び、ゲストを招いてスキルアップを目指します。

目指す職業

ビューティアドバイザー・美容師・へアデザイナー・メイクアップアーテイス卜・着付師・福祉美容師・スキンケアアドバイザー・ブライダルスタイリスト・ネイリスト・カラーイマジ二スト・スタイリストなど

目指す資格

・美容師(国家資格・必修)
・JNAネイリスト技能検定2・3級(選択)
・マナーアドバイザー資格認定
・パーソナルカラーアドバイザー認知資格
・小笠原流生け花 初等科免除取得認定
・色彩検定モジュール1

体験入学レポート 学校見学随時受付
通信課程 生徒の作品 校内コンテスト 特別セミナー 校外コンテスト メッセージ

menu